柴崎 移籍後初フル出場!決勝点導いて指揮官からも絶賛

[ 2018年5月8日 05:30 ]

リーガ・エスパニョーラ   ヘタフェ1―0ラスパルマス ( 2018年5月6日 )

 W杯出場を目指すヘタフェのMF柴崎が、移籍後初のフル出場を果たした。

 5試合ぶりの先発にも気負いはなく、伸び伸びとプレー。0―0の後半43分には、ボール奪取から味方にパスを送って決勝点を導いて勝利に貢献した。試合後、ボルダラス監督は「今日のガク(柴崎)のプレーには大満足だ」と絶賛。加入当初こそスペイン1部のリズムに順応できていなかったことを認めながらも、「良い選手に成長した」と才能に目を細めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年5月8日のニュース