磐田FW川又 3戦連発&マルチ弾誓う、俊輔のためにも白星を

[ 2018年5月2日 05:30 ]

明治安田生命J1第12節   磐田―横浜 ( 2018年5月2日    日産ス )

2年連続の3戦連発を狙う磐田FW川又
Photo By スポニチ

 磐田は2日、敵地で横浜戦に臨む。日産スタジアムでは08年6月の第14節を最後にリーグ7戦勝っていない。FW川又堅碁(28)は「チームの看板を背負って結果を残したい」と昨季第23〜25節に続く3戦連発を狙う。

 チームでは最多の4得点。昨年10月のホーム戦では全2得点を挙げて逆転勝利に貢献した。「連発だけでなく2、3点取りたい」とマルチ弾再現にも意欲的だ。

 横浜は今季就任した元オーストラリア代表監督アンジェ・ポステコグルー氏(52)の指揮下で攻撃的サッカーを展開。最終ラインを含めて前への意識が高い分、リーグ3番目に多い17失点と隙はある。「攻守の切り替えが大事。勝てば“俊さんのために”と言える」とケガで古巣戦を欠場するMF中村俊輔(39)の思いも胸に刻む。「チームはいつも言っていることができている。次は勝つ」と、3試合ぶりの白星で鬼門を突破する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2018年5月2日のニュース