ガラタサライ首位浮上!長友が攻守貢献「最高の試合ができた」

[ 2018年4月17日 05:30 ]

トルコリーグ・第29節   ガラタサライ2―0バシャクシェヒル ( 2018年4月15日 )

前半、競り合うガラタサライの長友(右)
Photo By 共同

 ガラタサライはDF長友が左サイドバックとしてフル出場し首位浮上に貢献した。積極的な攻撃参加や献身的な守備など安定したプレーを披露。首位攻防戦を制し「最高の試合ができた。うれしい」と喜びをかみしめた。5試合を残してトップに立ったが、2位とは勝ち点1差。4位まで勝ち点3差と優勝争いは混とんとしており「一試合一試合集中して、今日みたいな試合をして、優勝したい。頑張る」と終盤戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年4月17日のニュース