湘南 敗戦も手応え「らしさが出た、前に進めると感じられた」

[ 2018年4月16日 05:30 ]

明治安田生命J1第8節   湘南0-2広島 ( 2018年4月15日    BMWス )

広島に敗れガックリの湘南イレブン
Photo By スポニチ

 湘南は新加入のDF坂がセンターバックで初先発するなどメンバーを入れ替えたが、広島に0―2で敗れた。

 前半はペースを握っていただけに曹貴裁(チョウキジェ)監督は「今までの8試合の中で一番自分たちらしさが出た。前に進めると感じられた」と評価。それでもDF杉岡は「(パトリックに)腕でブロックされた。外国人のパワーにやられた」と、失点シーンを悔やんでいた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年4月16日のニュース