宇佐美、4戦ぶり芸術ミドル弾「狙い通りの所に蹴られた」

[ 2018年4月16日 05:30 ]

ドイツ2部・30節   デュッセルドルフ1-3ハイデンハイム ( 2018年4月15日 )

後半、ゴールを決め喜ぶデュッセルドルフ・宇佐美
Photo By 共同

 ドイツ2部デュッセルドルフのFW宇佐美が芸術的なミドル弾を決めた。

 後半6分、左サイドでパスを受けるとペナルティーエリア外から右足で狙いすました。ボールは右から巻くように約25メートル先のゴール右上に消えた。「相手の寄せが甘くコースが見えた。狙い通りの所に蹴られた」。宇佐美の得点は4戦ぶりで今季7得点目。原口とともにフル出場も試合は1―3で敗れ、3連敗。昇格に向けて足踏みとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年4月16日のニュース