浦和 明大DF岩武克弥の来季新加入内定「ここからが勝負」

[ 2018年4月12日 16:30 ]

 J1浦和は12日、明治大に所属するDF岩武克弥(21)の来季新加入が内定したと発表した。

 大分県大分市出身の岩武は身長1メートル73、体重70キロで、大分U―18から明大に進んだ。U―15、16、17と各年代の日本代表に選出経験があり、2014年には大分のトップチームに登録されJ2リーグ戦10試合に出場している。

 また、クラブはそのプレーの特徴を「優れた身体能力をベースに1対1の守備に強く、スピードを生かしたサイドからの攻撃参加も魅力」と紹介。岩武はクラブを通じ、「浦和レッズという大変すばらしいクラブに入れることをとても嬉しく思います。そしてここからが勝負だと思います。これまで支えていただいた監督、チームメート全ての方々への感謝の気持ちとチャレンジ精神を大事にしながらクラブに貢献できるよう日々精進します。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年4月12日のニュース