サラー覚醒4強導く!「得点を狙うのは勝つため、それが一番」

[ 2018年4月12日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦   リバプール2-1マンチェスターC ( 2018年4月10日 )

 リバプールはエジプト代表FWサラーがチームを4強入りに導いた。

 1点を追う後半11分、こぼれ球を左足ループで今大会8点目。2戦合計5―1として突破を決定づけた。プレミアリーグ首位を独走する強敵から第1戦でも1得点1アシスト。今季ローマから加入して公式戦38ゴールと覚醒したエースは「得点を狙うのは勝つため。それが一番重要」とフォア・ザ・チームを強調した。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年4月12日のニュース