PR:

【佐々木則夫・視点】オーストラリア戦はDF揺さぶりスペースをつくること

女子アジア杯1次リーグB組   日本-オーストラリア ( 2018年4月13日    ヨルダン・アンマン )

敵陣に攻め込むも得点を阻まれる岩渕(左)
Photo By 共同

 日本はここまで1次リーグ3試合をトータルで考えて戦っている。韓国との2戦目がヤマとみてベストメンバーをそろえたと思う。ただ、前線の仕掛けやゴールへの意欲はいいが、細かくつなぐ場面でボールを取られてカウンターをされる場面があるのが気になった。攻めているときのバランスに気をつければ改善できるはずだ。

 次戦のオーストラリアはパワーとスピードがあり、最近はポゼッションもうまくなって総合的なレベルが上がっている。私が監督のときはオーストラリアにまともにいっても簡単には守備を崩せないので、ディフェンスを左右に揺さぶるようにした。クロスやサイドチェンジで揺さぶり、スペースができたところを縦に鋭く突くと決定機ができる。これを繰り返すしかない。

 岩渕でも2人、3人とかわすのは難しい。揺さぶって守備が緩んだところをドリブルで仕掛ければいい。5カ国出場できるのでW杯出場の可能性は高いが、この大会を連覇するためにも、全力でオーストラリアに勝ちに行ってほしい。(元なでしこジャパン監督)

[ 2018年4月12日 08:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月18日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム