柏 ホーム2失点で痛恨黒星…同組もう1試合の結果次第で敗退の危機

[ 2018年4月4日 21:20 ]

ACL 1次リーグE組   柏0―2全北現代 ( 2018年4月4日    柏 )

<ACL 柏・全北現代>後半、相手選手(左から2人目)にゴールを決められガックリの柏イレブン
Photo By スポニチ

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグE組第5節は4日、各地で行い、柏はホームで全北(韓国)と対戦し、0−2で敗れた。

 これで通算1勝1分け3敗となり、午後9時開始のキッチー(香港)―天津(中国)で、天津が引き分け以上なら、柏の1次リーグ敗退が決定する。

 柏は前半16分にリカルド・ロペスに先制ゴールを決められ、後半32分にも途中出場のイ・ドングッに追加点を許した。

 ▼柏・下平監督 しっかりとゲームを支配して、チャンスを数多くつくれたが、相手の決定力が高く、われわれの決定力が低かった。結果が全て。アジアの強豪は簡単には勝たせてくれない。

 ▼MF大谷秀和 勝たなければ何もない状態でした。チャンスはあったんですけど、アウェー戦と同じく耐え切ることはできませんでした。非常に残念な結果になってしまいました。次戦に向けては、勝ち点3を取って帰ってくるだけです。自分たちは日本代表として出場しているので、全て出し切って、勝って終わりたいと思います。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年4月4日のニュース