PR:

C大阪 完敗で初黒星、采配悔やむ指揮官「私の判断ミスあった」

明治安田生命J1第4節   ノエスタ ( 2018年3月18日    C大阪0-2神戸 )

神戸に敗れ、肩を落とし引き揚げるC大阪イレブン
Photo By 共同

 今季リーグ戦初黒星を喫し、C大阪の尹晶煥監督は完敗を認めた。良いところを探す方が難しいほど低調なまま、0―2でタイムアップ。指揮官は「私の判断ミスもあった。体力的にも精神的にも全てで負けた試合。1つ良いのは(この試合後に中断期間に入り)休む期間を与えてもらえること」と語った。

 「判断ミス」と指揮官が振り返ったのは選手の起用法。ACLブリラム戦から中3日ながら、J1初出場初先発となったMFオスマル以外はスタメンを変えなかった。それが裏目に出たのか、ほとんどの選手が動きに精彩を欠いていた。「(リーグの)序盤といっても、危機感を持ってやらないといけない」と主将の日本代表MF山口。今季いまだ未勝利と昨季の2冠クラブが苦しんでいる。

[ 2018年3月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月20日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム