PR:

横浜 今季リーグ初勝利ならず 指揮官ため息「特に前半はパフォーマンスが良くなかった」

明治安田生命J1第3節   横浜1―2鳥栖 ( 2018年3月10日    ニッパツ )

<横浜・鳥栖>1点差で敗れ、肩を落とす横浜イレブン
Photo By スポニチ

 横浜はホームに鳥栖を迎えたが、1―2で敗れ今季リーグ初勝利はならなかった。ポステコグルー監督は「残念な結果になった。特に前半はパフォーマンスが良くなかった」とため息をついた。

 鳥栖の素早いプレスに苦しめられ、ミスが相次いだ。最終ラインから素早くサイドに展開しても、すぐに寄せられパスがつながらない。前半12分にはMF天野のバックパスをFW趙東建に奪われ失点。後半12分にもPKから追加点を許した。鳥栖のフィッカデンティ監督は「うちのサイドバックが横浜のサイドの選手を高い位置でつぶすというのを徹底した」と対策を講じてきたことを明かしたが、相手の思うようにやられる形となった。

 7日のルヴァン杯FC東京戦で今季公式戦初勝利を挙げたが、リーグ戦の白星が遠い。GK飯倉は「今やっているサッカーは難しい部分も多い。次は必ず結果を出せるよう準備をしていきたい」と気持ちを切り替えた。

[ 2018年3月10日 16:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月18日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム