PR:

なでしこ カナダに0―2敗戦…ミスから失点、集中力に課題

アルガルベ杯5位決定戦   日本0―2カナダ ( 2018年3月7日    ポルトガル )

なでしこジャパンの高倉監督
Photo By スポニチ

 国際親善大会アルガルベ杯(ポルトガル)の5位決定戦が7日に行われ、なでしこジャパン(世界ランク9位)はカナダ(同5位)と対戦。前半20分にFWベッキーに先制ゴールを許すと、後半5分には守備陣の連係ミスから失点。“集中力を欠くプレー”が目立ち、0―2で敗れた。

 チームは5日のデンマーク戦からFW菅沢らスタメンを3人変更。雨が降るなか丁寧にパスをつなぎ攻撃を展開するも決定機は作れず。

 前半20分に一瞬のスキを突かれ先制を許す。左サイドでパスを受けたFWベッキーがペナルティーエリアに進入。狙いすましたクロスを中島がブロックするも、手に当たったことを気にしたのか守備陣が動きを止めてしまい、こぼれ球に反応できず。ベッキーが右足を思い切りよく振り抜きネットを揺らした。

 後半5分には連係ミスから失点。DFローレンスに突かれたボールをDF熊谷とGK山下が一瞬お見合い。DF熊谷がクリアにいかず切り返したボールを背後から狙われ、無人のゴールへとシュートを流し込まれてしまった。

 アディショナルタイムに得たPKのチャンスではFW田中が外してしまい試合終了。19年W杯フランス大会予選を兼ねた女子アジア杯(4月6日開幕、ヨルダン)へ向け課題の残る結果となった。

[ 2018年3月8日 01:45 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月23日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム