PR:

C大阪MF高木俊幸、清武代役「チャンス生かす」移籍後初先発

ACL1次リーグ・G組   C大阪―広州恒大 ( 2018年2月21日    長居 )

FK練習を行うC大阪のFW高木。負傷した清武に代わり、先発出場の可能性が高まった
Photo By スポニチ

 C大阪は20日、21日のACL1次リーグ第2戦ホーム広州恒大戦に向けて大阪市此花区で調整した。18日の練習中に日本代表MF清武が右ふくらはぎを痛め長期離脱。左MFの代役として、浦和から完全移籍で加わったFW高木俊幸(26)が移籍後初先発する可能性が高まった。

 「キヨくん(清武)がケガをしたことはチームとして痛いし残念なことですけど、自分にとっては、チャンスが来るのかなという気がしている。それを生かさないといけない」。途中出場した富士ゼロックス・スーパー杯で移籍後初ゴール。続くACL初戦アウェー済州戦でも短い出場時間で決勝点に絡み、評価を高めてきた。

 C大阪にとって広州恒大は4年前のACLラウンド16で敗れた相手。「(試合に)流れがあると思う。いける時(時間帯)に、しっかり叩けるようにしたい」。父は大洋、横浜(現DeNA)で「スーパーカートリオ」の1人として活躍した元プロ野球選手の高木豊氏。そのスピードと突破力で、ACL2連勝をたぐり寄せる。 ACL1次リーグG組

[ 2018年2月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月24日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム