PR:

G大阪 クルピ監督が徹底「シュートの雨」で開幕戦へ意識付け

練習を終え、宮本恒靖コーチ(右)とともにクラブハウスに戻るG大阪のクルピ監督(手前)
Photo By スポニチ

 クルピガンバがシュートの雨を降らせた。G大阪はオフ明けの20日、ミーティング後に軽くストレッチなどをこなし、その後、攻撃陣は約40分間のシュート練習のみ。かつて日本代表を率いたジーコ氏も徹底したシュート練習をさせたが、クルピ監督も「元々のプログラムに組んでいた。シュートの細かい修正は必要だ」と意図を説明した。

 新チーム立ち上げ後、トップチームは練習試合4試合で3分け1敗。攻撃陣は1得点しか奪っていない。指揮官は「シュートが少ない」とぼやいており、24日のリーグ開幕・名古屋戦を前にシュートの意識付けを行った格好だ。また右足を痛めている日本代表MF今野の出場可否は、21日にも判断する。

[ 2018年2月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月23日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム