PR:

大迫勇也が先制弾!指揮官「フィットすれば重要なファクター」

ブンデスリーガ・第23節   ケルン1-1ハノーバー ( 2018年2月17日 )

前半、ゴールを決めるケルンFWの大迫(左)
Photo By 共同

 日本代表のケルンFW大迫が17日、3戦ぶりに先発したハノーバー戦で今季2得点目となる先制ゴールを決めた。

 前半29分、ゴール前でFKのこぼれ球に反応。左足を迷いなく振り抜いた。この日は中盤のダイヤモンドのトップ下でプレー。チーム最多2本のシュートを放った。ルーテンベック監督は「大迫はフィットしていれば我々にとって非常に重要なファクター。今日の彼は非常に良いプレーをみせた」と評した。最下位に沈んでいるチームは前半37分に追いつかれ、1―1のドロー。試合後の大迫は無言だった。

[ 2018年2月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月24日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム