J2山形 新加入の長身ブラジル人DFが開幕直前離脱 全治半年

[ 2018年2月18日 16:05 ]

 J2山形は18日、DFジャイロ・ロドリゲス(25)が練習試合中に負傷し、チームドクターによる検査を受けた結果、右股関節前方脱臼で全治約6カ月と診断されたと発表した。

 ブラジル出身の同選手は1メートル90の長身が武器で今季加入したばかりだったが、開幕直前に離脱となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年2月18日のニュース