長友、羽生の快挙絶賛「まだ完治してないよね?」「異次元の精神力」

[ 2018年2月18日 15:26 ]

ガラタサライの長友
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表DFの長友佑都(31=ガラタサライ)が、平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を果たした羽生結弦(23=ANA)を「異次元の精神力」と絶賛した。

 長友は羽生の連続金メダルが決まった17日夜に自身のツイッターを更新。「羽生結弦選手凄まじいな。どうやったら怪我で長期離脱から復帰してすぐ最高のパフォーマンス発揮できるん?まだ完治してないよね?しかもオリンピックの大舞台。才能だけでは片付けられない」と負傷から約4カ月の”ぶっつけ本番”状態で五輪に臨み、見事連覇を勝ち取った羽生を賞賛。「異次元の精神力。あっぱれやな。。」と続けた。

 長友自身は現在の羽生と同年代だった08年北京五輪にU―23(23歳以下)日本代表メンバーとして臨んだが、1次リーグ3連敗を喫して敗退している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年2月18日のニュース