G大阪 遠藤がチームキャプテン、三浦がゲーム主将に

[ 2018年2月15日 19:31 ]

名古屋の風間監督(左から3人目)と握手するG大阪のクルピ監督(同2人目)
Photo By スポニチ

 未定だったG大阪の主将に元日本代表MF遠藤保仁(38)、ゲーム主将には日本代表DF三浦弦太(22)が就任する見通しになった。都内で開催されたキックオフカンファレンスで、レヴィー・クルピ監督(64)が明かした。

 三浦本人にはまだ通達していないと笑わせたが「後ろからチームを鼓舞できるし、決断力もある。リーダーシップの取り方は違うが、(遠藤とともに)二人とも人望を集める選手」とここまでの練習を見て判断。強化部とはその方向で話を進めているという。

 一方で主将論も展開した。「好きではないのはGKのキャプテンだ。レフリーから一番遠い位置にいる。できればフィールドプレーヤーが良い」。リーダーシップだけではなく、主審とのコミュニケーションも求められる立場で、指揮官のきめ細やかさが表れた人選となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年2月15日のニュース