ヘタフェ柴崎、勝ち点1に貢献 地元紙評価「質の良い仕事」

[ 2018年2月13日 05:30 ]

リーガ・エスパニョーラ・第23節   ヘタフェ0―0バルセロナ ( 2018年2月11日 )

バルセロナ戦の後半、競り合うヘタフェMFの柴崎(左)
Photo By 共同

 ヘタフェのMF柴崎は2試合ぶりに先発復帰を果たし後半43分までプレーした。

 昨年9月の対戦では1―2で敗れたものの、自身にとって移籍後初得点となる先制点をマーク。この日はバルセロナからゴールを奪うことはできなかったが、守備に奮闘し勝ち点1をもぎとった。スペイン紙アスは柴崎に2点(3点満点)をつけ「攻守のラインで質の良い仕事を行ったが、最後はとても消耗して交代した」と評した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年2月13日のニュース