ロナウジーニョ“引退ツアー”を希望 ブラジル代表チームも協力の見通し

[ 2018年1月17日 16:12 ]

 現役引退を発表した元ブラジル代表FWロナウジーニョ(37)が“引退ツアー”を希望していると、代理人を務める兄のアシス氏が明らかにした。

 アシス氏が16日、AP通信に語ったもので、時期は18年W杯ロシア大会終了する7月中旬以降を予定。母国ブラジルのほかヨーロッパ、アジアでの開催を検討中で、かつてプレーしたブラジル代表チームも協力する見通しという。

 引退後については、アシス氏は「彼はサッカーのアンバサダー(親善大使)になることを希望している。慈善活動、友人との音楽活動もしたいようだ」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年1月17日のニュース