作陽が初V王手!藤枝順心と決勝へ 高校サッカー女子選手権

[ 2018年1月5日 05:30 ]

<藤枝順心・大商学園>前半14分に頭で今大会初得点を決め仲間と喜び合う藤枝順心DF大村(左から2人目)
Photo By スポニチ

 サッカーのスポニチ後援全日本高校女子選手権第4日は4日、神戸ユニバー記念競技場で準決勝が行われ、7日の同会場での決勝は2大会ぶりの優勝を狙う藤枝順心(静岡)と、初制覇に挑む作陽(岡山)の顔合わせとなった。藤枝順心は前半に大村が先制し、後半は今田が加点して前回準優勝の大商学園(大阪)に2―0で快勝した。

 作陽は決勝に初進出。後半途中から出場した牛久保のゴールで福井工大福井に追い付き、1―1で突入したPK戦をGK長谷川らの活躍で制した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年1月5日のニュース