DF井川祐輔、香港・イースタンSCへ完全移籍「海外でプレーしたい夢があった」

[ 2018年1月4日 14:12 ]

昨季まで川崎FでプレーしたDF井川
Photo By スポニチ

 J1川崎Fは4日、昨季まで在籍したDF井川祐輔(35)が香港のイースタンSCに完全移籍すると発表した。

 井川は2006年に期限付き移籍で川崎Fに加入し、08年には完全移籍。以後12シーズンに渡って川崎Fでプレーし、主力としてDFラインを支えた。昨年12月、契約満了に伴い来季の契約を更新しないことが発表されていた。

 井川はクラブを通じてコメントを発表。「12年間、川崎フロンターレという素晴らしいチームに携われた事を誇りに思うと同時に、とても感謝しています。サッカー選手として海外でプレーをしたいという夢がありました。今回の移籍にあたり、沢山の方々の助けや支えがあり実現することができました。本当にありがとうございました。川崎の名に恥じぬよう香港で頑張りますのでこれからも応援をよろしくお願いいたします」としている。

 イースタンSCと川崎Fは昨季のアジア・チャンピオンズリーグ1次リーグで対戦。井川は3月1日に行われた敵地での一戦に出場している。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年1月4日のニュース