一条GK古川 神ってるセーブ連発!16強「止めたのは実力」

[ 2018年1月3日 05:30 ]

第96回全国高校サッカー選手権大会2回戦   一条2―2(PK3―2)桐蔭学園 ( 2018年1月2日    等々力 )

<桐蔭学園・一条>PK戦で桐蔭学園・穴戸のシュートを止める一条GK・古川
Photo By スポニチ

 奈良・一条はGK古川がスーパーセーブを連発した。PK戦では桐蔭学園の1人目のキックを左に跳んで防ぐと、2人目は右に横っ跳びしてセーブ。枠外に蹴った4人目を含め、5人中3人を失敗に追い込んだ。

 2大会連続の16強進出に貢献し、「試合中の80分で選手の特徴を把握していた。我慢して自分の信じた方向に跳んだ」と振り返った。県予選決勝でもPK戦で勝利に貢献。前田監督も「大会前から今風に言えば“神ってるセーブ”を連発していた。止めたのは実力」と絶賛した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年1月3日のニュース