J2京都、来季新戦力に水戸MF湯沢&山口DF宮城を獲得へ

[ 2017年12月20日 06:33 ]

 J2京都が来季新戦力としてJ2水戸MF湯沢洋介(26)とJ2山口DF宮城雅史(26)の獲得に動いてることが19日、分かった。

 ドリブルが武器の湯沢は左MFとして今季リーグ35試合1得点。今季リーグ11位の55得点と得点力が伸び悩んだ京都ではチャンスメーカーとして期待される。宮城はセンターバックやMF、FWと複数のポジションが可能で今季リーグ24試合3得点。湯沢も宮城もともに複数クラブが興味を示すも、関係者によると京都が優勢という。ウルグアイ人MFカセラスの獲得も決定的で、9年ぶりのJ1昇格へ着実と戦力を整える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年12月20日のニュース