J2水戸 DF佐藤和樹がJ3富山へ完全移籍「評価してくれるチームのために全力を尽くす」

[ 2017年12月14日 15:50 ]

 J2水戸は14日、J3富山へ育成型期限付き移籍中のDF佐藤和樹(24)が富山に完全移籍することが決定したと発表した。

 愛知県出身の佐藤は名古屋U―18から2012年に名古屋のトップチームへ昇格。16年にJ2水戸へ移籍し、今季途中に富山へ期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が4試合0得点、J2が11試合0得点、J3が18試合1得点。今季はJ2が0試合0得点、J3が8試合1得点だった。

 佐藤は水戸を通じ、「自分のことを期待して応援してくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。チームに貢献することが出来なくて残念ですが、水戸に来られて良かったと思っています。本当に素晴らしい場所でした。ここでの経験を無駄にしないよう、これからも自分らしく頑張ろうと思います。今までありがとうございました」とコメント。

 富山を通じては、「たくさんのカターレのファンの皆様からの『来年も残ってくれ』という言葉が心に響きました。自分のことを評価してくれるこのチームのために全力を尽くし、昇格を勝ち取りたいと思います」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年12月14日のニュース