土居、代表デビュー戦は「最低限の結果」韓国戦先発も

[ 2017年12月14日 05:30 ]

中国戦の前半、相手と競り合う土居
Photo By スポニチ

 FW土居(鹿島)は代表デビュー戦から一夜明け、「やりづらさはなかった。チームとして最低限の結果は残せた」と振り返った。

 13日の練習ではFW伊東が別メニュー調整となり、2戦連続先発の可能性も浮上。中国戦では同僚のDF昌子が40メートルの長距離ゴールを決めたが、「鹿島でも決めてほしかった(笑い)。僕は普通に点を取ります」と負けじと韓国戦でのゴールを予告した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年12月14日のニュース