PR:

岡崎が流血 左目上を9針縫うケガ 献身プレー指揮官絶賛「カミカゼのようだ」

ニューカッスル戦で競り合うレスターの岡崎(AP)
Photo By AP

 レスターのFW岡崎慎司(31)が9日、敵地で行われたニューカッスル戦に後半28分から途中出場。目の上を9針縫うケガを負った。

 同33分、自陣右サイドのタッチライン際で、岡崎がボールに頭を出して突っ込んだところ、相手選手が左足を上げてクリアしようとし、岡崎は左目の上からほほにかけて強打。出血し、うずくまった。治療、応急処置をした後、同35分に左目の上から頭部にかけて包帯を巻いてピッチに戻った。

 岡崎は治療とチームのフライト時間のため取材対応せず。クラブ広報は「左目の上からほほにかけて切り、全部で9針を縫った。傷口が非常に腫れ上がっており、痛そうだ」とコメントした。

 地元紙レスター・マーキュリーによると、クロード・ピュエル監督は「シンジはカミカゼのようだ。チームにとって彼の姿勢は良いこと。シンジは素晴らしい選手だ。シンジは身体を投げ打ってチームに尽くしてくれる。次の試合も出場は問題ない」と岡崎の自己犠牲の姿勢を「カミカゼ」と表現して称えた。

 試合は3―2で、レスターが今季初の3連勝。順位を8位に上げた。

[ 2017年12月10日 07:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月18日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム