ハリル監督 ベルギー戦は先発2、3人入れ替え「大きな変更はしない」

[ 2017年11月14日 01:39 ]

 親善試合ベルギー戦に臨むサッカー日本代表のハリルホジッチ監督が13日、試合会場のヤン・ブレイデルスタディオン(ベルギー・ブルージュ)で行われた公式会見に出席した。ブラジル戦から先発を2、3人入れ替える可能性に言及し、「ブラジル戦から先発を10人入れ替えて、ベルギーのようなチームと対戦すれば大きなリスクを伴う。いくつかの変更は行うが、大きな変更はしない」とした。

 ベルギーについては「世界で最も良い選手が集まったチームの一つ」と警戒。その一方で、「試合のを見ても、10〜15分質の高い攻撃を見せたと思えば、弱点を見せたり消えてしまう時間もある。どのチームと対戦しても勝つ可能性のあるチーム。しかし、弱小チームと対戦しても負ける可能性のあるチーム」ともろさを指摘した。

 会見の最後には1―3で敗れた10日の親善試合ブラジル戦の成果を強調。「私はこの前のブラジル戦の後半に誇りを感じている。その前にブラジルの試合を12試合ほどチェックした。この前の日本のように決定機を作ったチームは多くなかった。アルゼンチンでもそうだ。この前のパフォーマンスを過小評価している人がいても、戦術、メンタル、クオリティーの部分で満足している。不運なことにそれを得点につなげられなかった」と熱弁を振るった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年11月13日のニュース