ベルギー指揮官が会見「日本はアグレッシブで勇敢なチーム」

[ 2017年11月14日 00:07 ]

会見をするベルギー・マルティネス監督
Photo By スポニチ

 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が14日の親善試合・日本戦に向けた前日の公式会見に出席した。

 「先日はメキシコと試合をした。日本はアグレッシブで勇敢なチーム。ヨーロッパとはまた異なる地域のチームと試合ができるのは我々にとっても良いこと」とロシアW杯に向けた重要なテストの機会と捉えている様子。

 10日にはメキシコ代表と親善試合を行い、3―3で引き分けた。現地メディアからは「失点が多いのでは」とのストレートな質問も飛んだが、指揮官は「11月はW杯に向けた準備の期間。我々は何も変えるつもりはない」と反論した。日本戦も3バックのシステムで臨むとみられる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年11月13日のニュース