×

浦和・長沢、日本代表初進出「うれしい。攻守で貢献したい」

[ 2017年11月2日 05:30 ]

日本代表に初選出された浦和MF長沢
Photo By スポニチ

 日本代表に初選出の浦和MF長沢がハリルジャパンで“シンデレラ・ストーリー”を加速させる。過去に年代別の代表歴なし。今季リーグ戦先発がわずか2試合ながら、中盤で攻守にデュエルの強さを発揮し、一躍、ハリルホジッチ監督の目に留まった。「小さい頃からの夢。素直にうれしいです。攻守で貢献したい」と話した。

 専大を経て14〜15年にはケルンに在籍。「ドイツでは大学で(本格的に)プレーするというのはあり得ず(当初)サークルでやってる程度と思われてました。言葉も通じない分、体でアピールした」と言う。成り上がるすべは心得ている。大迫はケルン時代の同僚で、吉田とはパリのディズニーランドに出かけたこともあり、欧州組との“人脈”も豊富だ。初のA代表となる欧州遠征でも一気に名を上げてみせる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2017年11月2日のニュース