川崎F3冠消えた 指揮官切り替え強調「落ち込む必要ない」

[ 2017年10月26日 05:30 ]

天皇杯準々決勝   川崎F0―1柏 ( 2017年10月25日    等々力 )

柏に敗れガックリの川崎・中村
Photo By スポニチ

 川崎Fは3冠の夢がついえた。過密日程もあり、鬼木監督は21日のリーグ広島戦から7人入れ替えて臨んだが、後半16分に先制点を許すと、そのまま零敗。

 ルヴァン杯では決勝に進出し、リーグ戦でも首位・鹿島に勝ち点2差。だがこの日、敗れたことで3冠の可能性が消えた。それでも鬼木監督は「今日負けたが、落ち込む必要はない」と29日に再び柏と戦うリーグ戦、11月4日のルヴァン杯決勝に向け、気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年10月26日のニュース