香川ゴール&アシストで大勝貢献 独紙高評価「最も目立った」

[ 2017年10月26日 05:30 ]

ドイツ杯2回戦   ドルトムント5―0マクデブルク ( 2017年10月24日 )

マクデブルク戦でゴールを決めるドルトムントの香川(右)
Photo By 共同

 フル出場したドルトムントの日本代表MF香川が1得点1アシストの活躍を見せた。後半34分のショートCKからリターンを受け、右クロスで4点目を演出。後半45分にはペナルティーエリア内に走り込んでボールを受けると、DFをフェイントでかわし、左足でGKの股を抜く5点目を挙げた。

 ドイツ杯2回戦で格下の3部マクデブルクに5―0で快勝し、順当に3回戦進出。ルールナハリヒテン紙は「最も目立ったドルトムントの選手だった」と高評価していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年10月26日のニュース