長友、好守に存在感 交代時に観客から喝采「自信になる」

[ 2017年10月26日 05:30 ]

セリエA第10節   インテル・ミラノ3―2サンプドリア ( 2017年10月24日 )

サンプドリア戦でパスを受けるインテル・ミラノの長友
Photo By 共同

 インテルの日本代表DF長友は攻守に安定した動きで勝利に貢献した。中2日ながら、左サイドバックとして4戦連続先発出場。スルーパスを何度も送り、前半30分にはミドルシュートを放つなど存在感を見せた。

 後半39分に退く時には5万4451人の観客からスタンディングオベーション。「悪ければブーイングを浴びるのは、インテルの選手としては普通のこと。スタンディングオベーションは自分の誇り。自信になる」と喜んでいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年10月26日のニュース