ケルン大迫、独メディアから酷評の嵐…チーム単独の最低評価

[ 2017年10月24日 05:30 ]

ブンデスリーガ・第9節   ケルン0―0ブレーメン ( 2017年10月22日 )

<ケルン・ブレーメン>チャンスで決められず悔しがる大迫
Photo By AP

 スコアレスドローに終わったブレーメン戦から一夜明け、ケルンの日本代表FW大迫が地元メディアから厳しい評価を受けた。リーグ8試合連続で先発したものの、シュート1本に終わり後半34分に途中交代。23日付のビルト紙からチーム最低タイの5、キッカー紙からはチーム単独最低の5(ともに6段階で1が最高)と採点された。

 17位と18位の下位対決で白星を手にできず、最下位に低迷。試合後は取材エリアに姿を現さなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年10月24日のニュース