ヘーレン小林、先発も見せ場なし…指揮官「代表戦で疲れてた」

[ 2017年10月24日 05:30 ]

オランダリーグ・第9節   ヘーレンフェイン0―4フィテッセ ( 2017年10月22日 )

<ヘーレンフェイン・フィテッセ>前半、競り合う小林(左)
Photo By 共同

 ヘーレンフェインの日本代表MF小林はダブルボランチの一角で先発したが、見せ場がなかった。中盤の低い位置でボールをさばき試合をコントロールしようとしたが、チームは前半17、36、後半5分に立て続けに失点。リズムをつくれないまま後半19分に途中交代した。

 試合後は取材エリアに姿を現さず、広報担当は「凄く落胆していた」と説明。ストレッペル監督は「(小林)祐希ら代表戦に行っていた選手は疲れていた」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年10月24日のニュース