浦和ドローでV可能性消滅 矢島今季初ゴールも…

[ 2017年10月15日 05:30 ]

明治安田生命J1第29節   浦和1―1神戸 ( 2017年10月14日    埼玉 )

前半、ゴールを決める浦和・矢島(左)
Photo By スポニチ

 浦和はMF矢島が待望の今季初ゴールを決めた。0―1で迎えた前半19分のゴール前、宇賀神のシュートは枠をそれたが、矢島が右足でうまくコースを変え、流し込んだ。「来ると思っていたから、狙った通りのシュートになった」。

 先制される展開もドローに持ち込み、勝ち点1を手にした。残り5戦で首位鹿島との勝ち点差は19に広がり、優勝の可能性が消滅。来季ACL出場圏内(3位)との勝ち点差は8となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年10月15日のニュース