大宮・伊藤監督、J1残留へ“哲学”貫く

[ 2017年10月11日 05:30 ]

 J1残留へ向けて大宮・伊藤監督は“哲学”を貫くことを強調した。

 残り6試合について「どれだけ勝ち点が取れるか。連敗はしていないが、負けを引き分け、引き分けを勝ちにしないと」と語った。さらに来季についても「降格しても残留しても、クラブの哲学をしっかり持っていないとつながりがなくなる。信念を持ってやりたい」と、しっかりつないで相手を崩すサッカーをぶれずに続ける考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年10月11日のニュース