鹿島・昌子“格下”も慢心なし「国を背負うことに変わりない」

[ 2017年9月29日 05:30 ]

日本代表メンバーに選出された鹿島DF昌子
Photo By スポニチ

 “格下”でも気は緩めない。鹿島DF昌子はハイチ、ニュージーランド戦に向け「たとえ親善試合でも、国を背負うことに変わりはない」と強調した。

 日本代表では主力として定着しつつあるが、慢心もない。「(W杯メンバーに)選ばれて当然というラインより上にいる人は、ごくわずか。そういう人以外は僕を含めて下にいる」とキッパリ。「しっかりJリーグで結果を残すことが最大のアピールになる。(30日の)鳥栖戦に勝って合流したい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年9月29日のニュース