ウェイドがキャバリアーズと正式に契約 ジェームズと4年ぶりに合体

[ 2017年9月28日 15:34 ]

「キャバリアーズと正式に契約したウェイド(右)とジェームズ」
Photo By スポニチ

 NBAブルズから契約の早期解約(バイアウト)という形でFAとなったドウェイン・ウェイド(35歳)がウェーバー明けとなった28日、キャバリアーズと1年230万ドルドル(約2億6000万円)で正式に契約した。

 キャバリアーズの大黒柱、レブロン・ジェームズ(32歳)とは4季ぶりの合体。AP通信の取材に対しウェイドは「チャレンジするのが嫌だったらブルズに残っていただろう。しかしもう一度、大きな舞台でプレーしてみたい」と、ヒート時代の14年以来となるファイナル進出に胸を膨らませていた。またジェームズについては「自分はいろいろな方法で彼を助けることができると信じている」と全面的なバックアップを約束。キャバリアーズは主力ガードのカイリー・アービング(25歳)をセルティクスにトレードで放出したものの、交換要員として昨季得点部門3位のアイゼイア・トーマス(28歳)を獲得。オフにはブルズ時代にシーズンMVPとなった前ニックスのデリック・ローズ(28歳)とも契約を締結しており、ファイナル制覇3回を誇るウェイドの加入で、バックコート陣の層は一気に厚くなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2017年9月28日のニュース