J2千葉 MF熊谷アンドリューが暴行容疑で逮捕 処分保留で釈放

[ 2017年9月28日 23:02 ]

熊谷アンドリュー
Photo By スポニチ

 J2千葉は28日、所属選手のMF熊谷アンドリュー(24)が暴行容疑で27日に警視庁に逮捕されたと発表した。

 クラブによると事件の詳細は不明だが、28日夕刻に処分保留で釈放されたという。

 前田英之社長は「弊クラブ所属選手が警察に逮捕されるという事象が起きたことについて、誠に申し訳なく思っております。そして、ジェフユナイテッド市原・千葉を支えてくださっておりますファン、サポーター、スポンサー、地域の皆さま、またJリーグを支えてくださるすべての皆さまに、心よりお詫び申し上げます」と謝罪している。

 スリランカ人の父を持つ熊谷はJ1横浜の下部組織育ちで、2012年にトップチーム昇格。14年途中にJ2湘南へ期限付き移籍し、15年は横浜へ復帰したが、16年にはJ2金沢へ期限付き移籍。今季からJ2千葉へ期限付き移籍している。12年にU―19日本代表に選出されるなど各年代別の日本代表に選出経験がある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2017年9月28日のニュース