J2京都 DF下畠とMF望月が結婚 ともに一般女性と

[ 2017年9月28日 17:20 ]

 J2京都は28日、DF下畠翔吾(25)とMF望月嶺臣(22)が結婚したことを発表した。

 下畠は一般女性と9月23日に、望月は一般女性と8月1日にそれぞれ婚姻届を提出したという。

両選手はクラブを通じてコメントを発表。下畠は「このたび9月23日に入籍しました。僕がどんな時でも自分らしくプレーできるのは、近くで支えてくれた奥さんのおかげです。大切な人のために、これからも変わらず自分らしくサッカーに向き合い、コツコツ前進していきたく思います。今後とも変わらぬ温かい応援をよろしくお願いします」とメッセージを送り、望月は「私事ですが、このたび入籍しました。どんな時もサポートしてくれる大切な存在です。家族、チームのために、より一層自覚と責任を持ち、サッカーに向き合っていきたいと思います。今シーズンも残りわずかになりましたが、チームの勝利に貢献できるよう努力を重ねていきますので、これからも応援をよろしくお願いします」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2017年9月28日のニュース