横浜シノヅカ、Jデビュー即弾「枠に入れることだけ考えた」

[ 2017年9月24日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ・第27節   横浜2―3甲府 ( 2017年9月23日    中銀スタ )

横浜MFシノヅカ
Photo By スポニチ

 後半途中出場でJ1デビューした横浜MFシノヅカがロスタイムにゴールを挙げた。FKのこぼれ球を右足で冷静にゴール右に決め「相手に当てずに枠に入れることだけを考えた。まずは結果を出せて良かった」と手応えを口にした。

 千葉県出身で日本人の父とロシア人の母を持つ。ロシア国籍でスパルタク・モスクワのセカンドチームから今夏に加入した。異色の22歳MFは「勝ち越し弾で、もっと喜びたかった」と次は勝利につながるゴールを目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年9月24日のニュース