東京の星!鳥栖18歳FW田川“42秒弾”プロ初のマルチ得点

[ 2017年9月24日 05:30 ]

明治安田生命J1リーグ・第27節   鳥栖2―2浦和 ( 2017年9月23日    埼玉 )

<鳥栖・浦和>前半1分、ゴールを決め喜ぶ田川(右から2人目)
Photo By スポニチ

 鳥栖のU―20W杯代表FW田川が敵地に乗り込んだ浦和戦で電光石火の“42秒弾”を含む2得点の活躍を見せた。開始直後の42秒だ。一気に相手DFラインの背後に抜け出すと、小野のロングボールに対して豪快な左足ボレー弾を決めた。

 「穴ができていたのでしっかり走って…。シュートも良かったと思います」。後半35分にも権田のゴールキックに反応。相手のクリアミスをかっさらい2点目。プロ初のマルチ得点を記録した。

 今季、鳥栖U―18からトップ昇格すると4月の新潟戦でさっそく初得点をマークするなど頭角を現してきた18歳。20年東京五輪世代からまた一人、楽しみなFWが出てきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年9月24日のニュース