“右膝もう大丈夫”札幌FWヘイス リーグ3戦連発へ意欲

[ 2017年9月3日 05:30 ]

全体練習に合流した札幌FWヘイス
Photo By スポニチ

 札幌はオフ明けの2日、札幌・宮の沢で練習を行い、右膝痛で別メニュー調整だったFWヘイス(28)が全体練習に合流。日本代表戦で中断しているリーグ戦が再開される次節9日の磐田戦(札幌ドーム)で3試合連続ゴールに強い意欲を示した。

 「(患部は)問題ない。(中断期間で)大事をとって治療し、休ませることができた。しっかりと準備はできている」。ヘイスは8月19日のアウェー川崎F戦(等々力)で敗れたものの得点を決め、同26日の仙台戦(札幌厚別)では決勝弾で5試合ぶりの白星に導いた。現在2戦連発中の好調な助っ人は「最近は結果として表れているが、それに満足せず、結果を出していきたい」と貪欲だ。

 仲間のためにも活躍を誓う。同じブラジル人のMFジュリーニョ(31)が6月の練習中に右アキレス腱を断裂。戦列離脱し、ブラジルに帰国している。ヘイスは連絡を取り合い、ゴールを決めると「おめでとう」と祝福を受けており、自身の活躍でジュリーニョを元気づけるつもりだ。

 リーグ戦は残り10試合。現在14位の札幌のJ1残留争いは佳境を迎える。次節・磐田戦に向けて「大事な試合になる。勝ちたい」。そう言って前を向くヘイスの活躍が、J1残留には不可欠だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年9月3日のニュース