ハリルJ27人の「侍」危機感隠さず最多招集 31日VS豪州

[ 2017年8月25日 05:30 ]

日本代表メンバーを発表するハリルホジッチ監督
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は24日、W杯アジア最終予選オーストラリア戦(31日、埼玉)、サウジアラビア戦(9月5日、ジッダ)に臨む日本代表を発表した。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は、右足首じん帯損傷からの復帰を目指すFW大迫勇也(27=ケルン)を見切り招集。各試合ベンチ入りは23人だが、就任後のW杯予選では最多となる27人を選出した。

 大量招集が厳しい台所事情を物語った。ハリルホジッチ監督は就任後のW杯予選17試合目で最多となる27人を選出し「リストをつくるのが今までで一番難しかった。何人かの選手に心配な点がある。リスクを冒したくないので27人の選手を呼びます」と語った。オーストラリア、サウジアラビア戦のいずれかに勝てば6大会連続のW杯出場が決まるが、主力に故障明けが多く状態を見極められていない現状がある。

 最も難しい決断を迫られるのがFWだ。W杯予選のベンチ入りは23人。指揮官は通常はGK3人と、各ポジション2人(基本布陣4―3―3=DF8、MF6、FW6)を招集するが、今回はFWも過去最多の9人を選んだ。攻撃の軸に据えてきたFW大迫は右足首痛を抱え、所属するケルンで22日に全体練習に合流したばかり。25日のハンブルガーSV戦での実戦復帰が視野に入るが“見切り招集”の感は否めない。

 右ふくらはぎ痛から復帰したFW本田は新天地パチューカでのデビューとなった22日のベラクルス戦に後半12分から途中出場。左足でミドル弾を決めたが、2カ月以上も実戦から遠ざかっていただけにゲーム体力など不安は残る。大迫、本田ともに、事前にハリルホジッチ監督が設定していた「代表合宿までに先発で2試合出場」の条件はクリアできない。指揮官は「大迫は少し心配している。実際に手元に呼んで、状態を見たい。その上で最も良い状態の選手を選ぶ。どの選手を使うかによって形も変わる」とギリギリまで状態を見極めて、先発布陣を決める方針だ。

 オーストラリア戦は結果次第で解任の可能性もある大一番。4選手がベンチ外となるため、マネジメント能力も問われる戦いとなる。ハリルホジッチ監督は「ただのサッカーの試合ではなく日本という国家にとっても重要な戦い。歴史に残る試合にしたい。恐れないことが大切。選手は侍にならないといけない」と力を込めた。事前合宿は27日にスタート。27人もの侍を集めて、運命の一戦に向けた準備に入る。

 【ハリルJAPAN歴史に挑戦】

 ▽初戦黒星 日本は最終予選初戦ホームでUAEに1―2で逆転負け。アジアに単独で出場枠ができた86年大会予選以降、予選突破して本大会に出場した24カ国の最終予選初戦は15勝9分け、ホームでは7勝1分けの負けなし。初戦●で本大会に出場したチームはない。

 ▽ホーム勝利でW杯出場 開催国の02年を除く出場4回のうち3回(98年、06年、10年)はアウェーでの出場決定(06年の北朝鮮戦は中立地のタイ)。前回予選ではホームのオーストラリア戦で1―1のドローで出場を決めたが、ホームで勝利して本大会出場を決めたことはまだ一度もない。

 ▽オーストラリアに未勝利 アジア・オセアニア地区時代を含め、オーストラリアとのW杯予選は●△△●△△△の5分け2敗。06年ドイツW杯本大会でも1―3で敗れており、W杯関連の試合では8戦未勝利で2得点以上は1試合もない。その他の試合は8勝4分け4敗と勝ち越し、3得点以上が5試合もある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年8月25日のニュース