ボルト サッカーのイングランド2部入り?入団テスト受ける可能性浮上

[ 2017年8月16日 22:23 ]

男子100メートル決勝、レースを終えスタンドの声援に応え場内を一周するボルト
Photo By スポニチ

 陸上男子短距離のスター選手で、世界選手権を最後に、現役を退いたウサイン・ボルト(30=ジャマイカ)が、サッカーのイングランド2部で入団テストを受ける可能性が浮上した。

 15日に英紙サンが報じたもので、イングランド2部バートンのロビンソン会長が、ボルトの入団テストについて「私はオファーするつもりだし、監督もそのつもりだ。足が速いからね!」と明言した。ボルトがオファーを受けるかは不明だが、同会長は「間違いなく我々に興味を示してくれるだろう」と自信をのぞかせた。

 ボルトはプレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの熱狂的サポーターで有名。2月にドイツ紙ビルトのインタビューで「色々な人々、チームからサッカーへの誘いがある。検討段階でどうなるか分からないが、いずれかのレベルでも、自分がどれだけうまいのか見てみたい。サッカーはいつも友人とプレーしている。本格的に練習すれば、かなりうまくなるはず。世界最高の選手になるのは無理だが、ルーニー(イングランド代表FW、現エバートン)と同じくらいのレベルになるかもしれないよ」と、陸上引退後のプロサッカー挑戦に意欲を示していた。

 欧州メディアでは、日本代表MF香川が所属するドルトムント(ドイツ)の練習参加、9月にマンチェスターUのOBによる慈善試合に出場する可能性が報じられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年8月16日のニュース