札幌 MF横山は右足関節三角靭帯損傷・距骨骨挫傷と判明 浦和戦で負傷

[ 2017年8月6日 14:28 ]

札幌MF横山
Photo By スポニチ

 J1札幌は6日、MF横山知伸(32)が右足関節三角靭帯損傷・距骨骨挫傷と診断されたと発表した。

 7月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節・浦和戦(札幌ド)で負傷した。今季ここまでリーグ戦20試合中16試合に出場し、1得点をマークしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年8月6日のニュース