本田 リハビリ順調!メキシコデビューは13日が濃厚に

[ 2017年8月3日 05:30 ]

パチューカの日本代表FW本田
Photo By 共同

 メキシコの名門パチューカに移籍した日本代表FW本田が、12日(日本時間13日)のリーグ第4節ホーム・ティグレス戦で新天地デビューをする可能性が高くなった。

 痛めている右ふくらはぎのリハビリは当初の予定通り進んでおり、7日に再検査を行う予定。クラブ関係者は「ティグレス戦?大丈夫。出られるだろう」と見通しを明かした。負傷が発表された7月23日にアロンソ監督は「3〜4週間かかるだろう」と説明していたが、同29日のアメリカ戦後には「本田には早く試合に出てほしい。治療は通常の2〜3倍のペースで進めている」と早期復帰を切望していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年8月3日のニュース