ヨンソン監督 初陣飾れず…0―1敗戦も「悪い試合でない」

[ 2017年7月27日 05:30 ]

ルヴァン杯 プレーオフステージ第2戦   広島0―1FC東京 ( 2017年7月26日    味スタ )

FC東京に敗れガックリの広島イレブン
Photo By スポニチ

 ヤン・ヨンソン新監督(57)の初陣となった広島は敵地でFC東京に0―1で敗れた。2戦合計0勝2敗で敗退が決定。リーグ戦でJ2降格圏の17位と低迷する中、浮上のキッカケをつかむことはできなかった。

 初陣を飾れなかったがヨンソン新監督はポジティブに振り返った。辞任した森保監督の後を引き継いで就任。従来の3バックから4バックシステムに変更して臨み「やろうとしてくれたことを出してくれた。悪い試合ではなかった」と鳥栖戦へ向けて手応えを強調した。

 指揮官が「足りないのはクロスを入れてからの攻撃だ」と口にしたようにチャンスメーク面での課題は残ったが、守備は最少失点。リーグ戦はワースト5位の31失点と低迷する中、DFラインを高く設定する積極的な守備で再構築に着手した。J1残留圏の15位・札幌とは勝ち点差5。ヨンソン監督は「残留?難しいとは考えていない。今後、課題を良くしていければ可能性はある」と逆転残留へ自信を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年7月27日のニュース