FIFAビリャルリョナ副会長逮捕 スペイン協会汚職疑惑で

[ 2017年7月19日 05:30 ]

 FIFAのアンヘルマリア・ビリャルリョナ副会長(67)が18日、会長を務めるスペイン協会の汚職疑惑で逮捕された。スペイン治安当局が発表。容疑は不正経営、横領、文書偽造で、ビリャルリョナ氏の息子と協会幹部数人も逮捕されたという。

 同氏はUEFA副会長も兼任する国際サッカー界の重鎮。15年にはポルトガルとの共催で立候補した18年W杯招致に絡む倫理規定違反でFIFAから警告と罰金処分を受けていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年7月19日のニュース